過払いのお勉強

一人で対処しようとしない個人再生

自分一人だけで個人再生をしようとしても、細かい手続きなどについて調べながら行う必要があるという事が考えられますので、法律家以外の人が行うと何倍も時間がかかってしまうという事もあるかもしれませんね。

個人再生は自己破産ほどではありませんが、かなり深刻な場合に適応される事が多いみたいですね。ですので、できるだけ個人再生を行う際には、法律家の力を借りながら進める様にしたいですね。

個人再生を法律家に投げかけると、手続きを代行してくれたり、または個人再生以外の解決方法が適していると判断した場合には、その手段についても提案してくれるのではないでしょうか。ベストな形で対処できる可能性が高まる事でしょう。

個人再生と自己破産を比較する

個人再生と自己破産はどちらも債務整理の方法です。個人再生は2001年4月1日に始まったばかりの比較的新しい制度です。自己破産では借金がゼロになります。ですが一定期間の間弁護士や税理士、保険募集員、警備員他などの一定の職業に就くことができません。

また一定の価値の財産を手放さなければいけません。たとえばマイホームなどです。個人再生では借金はゼロにならず、数分の一に減額されます。その減額された残りを3年間で返済しなければなりません。

しかも住宅ローンは減額されません。だけれど職業の制限はなく、住宅ローン特別条項によりマイホームを残すことができます。またギャンブルなどで発生した借金でも減額することができます。

債務整理を検討する方で自己破産を考える方へ

返済不能に陥った債務を整理していくために法律事務所へ債務の相談をされる方が増えています。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産と整理方法が存在しますが、その中でも自己破産は、債務を全額消失させる整理方法として知られています。

ただ、債務が消失すると同時に財産も消失しますので、住宅ローン等を保持しいている場合は個人再生や任意整理の手段を用いるのが良いでしょう。裁判所を介する手続きになりますので、整理をしていくには相応の期間が掛かってもいきます。信頼できる法律事務所を探し相談することから始めていきましょう。

債務整理の自己破産による車の扱いについて

債務整理のうち、任意整理の場合は、整理するローンを選ぶことができるため、ローンがあったとしても、ローンを整理しなければ車を引き上げられる心配はありません。個人再生の場合は、ローンが完済していない場合、債権者の登録名義なら引き上げを拒否できませんが、ローンを完済していて、本人名義の車の場合は引き上げを拒否することができます。

自己破産の場合、ローンを完済していたとしても、車の時価総額が20万円以上の場合は車を処分されてしまうことになります。ローンが完済していない場合は、所有権が本人名義でない場合は引き上げられてしまいます。

個人再生は借金相談で解決

多額の借金や多重債務などに頭を抱えている場合、全額の返済が困難な状況に陥っているケースも多く存在しています。弁護士や司法書士などによって取り扱われている借金相談は、無料で実施されていることも多く、解決方法を見出したいという方に役立てられています。

借金返済に関する計画の立て直しが難しい場合、債務整理の手続きが行われることもあります。個人再生での解決を進める場合においては、裁判所への手続きも必要となるため、法律専門家へ手続きを依頼することが、面倒な手続きも一括して行ってもらえるなど、素早い解決へと繋がります。

個人再生に関する記事

過払いのお勉強サイトでは、弁護士に相談したい過払い請求や債務整理の個人再生、交通事故慰謝料の交渉、遺産相続や遺言書作成、B型肝炎訴訟や受け取れるB型肝炎給付金についてなど、多くの情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。