過払いのお勉強

過払い請求

支払いすぎた利息の事を過払い金と言います。

どうして過払い金が発生するかというと“出資法”と“利息制限法”という法律でそれぞれ違った利息の上限額が定められているからです。そのためにグレーゾーンの部分が出てくるので、過払い金が発生します。

法に関する知識が必要になりますので弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほうが、正確でスピーディに借金問題を解決することが出来るでしょう。

一人で悩んでいないで専門家に相談することが大事です。

過払い請求ができるかどうかを個人で判断することは難しいところがあります。

頻繁に見かける過払い請求

ポスターやテレビのコマーシャルなどで頻繁に見かける過払い請求が気になっているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、あまり法律について詳しくないから分からない、という人もいる様ですね。まずは、過払い請求がどんなものであるのか、という事から調べたいですね。

図などを使って分かりやすく説明されていると簡単だと感じる事もあるかもしれませんが、口頭だけで専門用語をたくさん使って説明された場合にはわかりにくい事もあるかもしれません。そして、ある程度は理解する事ができれば、次は実際に行ってくれる専門家を見つけていきたいですね。

これらはすべてネットを使って行う事もできます。

過払い金請求には時効の壁がある

債務整理の一種である過払い金請求には時効の壁が存在します。貸金業者と最後に取引をした日から10年が経つと時効が成立して手続きをすることができなくなってしまいます。ですので、過払い金請求の手続きを考えているという人はなるべく早く余裕を持って行う必要があります。

貸金業者との契約書や取引履歴をチェックして日付を確認してみましょう。手続きは自分で個人的に行うことも可能ですが、過払い金の計算や書類の作成や貸金業者との交渉などの細々とした事務作業があるため膨大な時間と手間を要します。ですので、弁護士や司法書士に依頼をして手続きをお任せするのがおすすめです。

過払い請求は家族に内緒でできます

借金があることを、家族に内緒にしている人は意外と多くいます。大半の人が、誰にも言わずに内緒で返済をしています。それだから、返済が困難になっても相談ができないという問題が起きやすくなることも事実です。

返済の途中で、問題が大きくなったらな債務整理がおすすめです。自己破産や任意整理など、自分の借金に合わせた仕方を提案してくれます。そして同時に、必ず確認されるのが過払い金の問題です。

返済期間が、長いほど過払い金に該当します。調べることは、費用は一切不要です。逆に該当すると借金の相殺や、お金が戻ることもよくあります。

過払い金請求をするために法律相談をする

債務整理には様々な手続き方法がありますが、その中でも最も軽く誰でも手軽にできるものとして過払い金請求があります。利息制限法で定められている金利の上限を超えた利率で取引をしていた貸金業者に対して払い過ぎた分を請求して取り戻すという手続きです。

まだその貸金業者に債務が残っている場合でも既に完済した場合でも手続きは可能です。過払い金請求の手続きは自分で行うことも可能ですが、確実に円滑に手続きを進めるためにはやはり法律のプロである弁護士に依頼するのがベストな方法です。

そのために、まずは法律相談を申し込む必要があります。法律事務所では初回の相談料は無料であることが多いので、まずは問い合わせをしてみましょう。弁護士会や自治体が設けている窓口を利用するという方法もおすすめです。

債務整理時には過払い金の請求で一括返済を

債務整理を行うことによって生活における負担を減らすことができます。こうしたことは、個人でも手続きを進めることは可能ですが、余程の事情でもない限り、司法書士や弁護士などの専門家に任せるべきです。なぜなら、過払い金の請求を同時に行うことにより、債務と相殺できる可能性があるからです。

長年、高い利息を払い続けていたのであれば、過払い金によって、債務を一括返済できるケースさえあります。そうすれば、より早く生活を立て直すことができるのです。

債務整理と過払い金の請求を並行して進めるためにも、借金問題に強い司法書士や弁護士に依頼していきましょう。

過払い金請求に関する記事