過払いのお勉強

負担を減らしたい交通事故慰謝料交渉

中には交通事故が発生した直後は、怪我をしていたり、精神的にかなり落ち込んだりすることもあるでしょう。そんな中で交通事故慰謝料について保険会社を相手に交渉するのは、大変厳しいと感じる人もいるでしょう。

交通事故の慰謝料交渉は法律事務所に依頼できますので、可能な限り自分の負担を減らすのもいいでしょう。また、交通事故発生してしばらくは事実を受け入れるだけでいっぱいで慰謝料について考えるなど交渉の余裕がない人も多いでしょう。

冷静な判断ができず、慰謝料について言われるがまま受け入れてしまう事も考えられます。手に負えないと感じた交通事故の慰謝料は法律家と共に解決する方がより理にかなっている事もあるでしょう。

過失割合が交通事故慰謝料の金額を決める

過失割合は、交通事故慰謝料の金額を決めるとても重要な要素です。交通事故慰謝料と言うのは、法律的には被害をこうむった人物が感じた精神的な損失による賠償のことを意味するのですが、現実的には被害者自身が被った身体的な被害やそれに伴う精神的な被害全てを含みます。

そのため、交通事故があったときに被害者自身に過失があったときにはその過失の割合によって慰謝料の金額が大きく異なることがあるのです。過失割合が加害者の方が大きかったときにはより大きな金額が取れますし、逆に被害者と思われていた人の方が大きかった場合には逆に相手に対して慰謝料を渡さなくてはならない可能性もあるので注意が必要です。

むちうちによる交通事故慰謝料の事例

悲しいことですが現在でも毎日日本のどこかで交通事故は起きており、誰かが交通事故慰謝料の請求をかけています。後遺障害が残ってしまった場合には話合いがこじれてしまうようなことも多いと言われています。

事例を紹介いたします。主婦であるA子さんがある日交通事故にあってしまい、むちうちになってしまいました。それから1年以上定期的に通院していたのですが、保険会社から治療費をそろそろ打ち切ると連絡が入ったそうです。

そこで弁護士に相談してみた所、固定症状の診断書を医師に作成してもらい、また他の症状も残っていたためそちらも診断書を作成し、保険会社に請求した所後遺症賠償金110万円をもらうことができました。

交通事故慰謝料の3つの基準とは

交通事故慰謝料の3つの基準においては、それぞれの基準をもとに制定されています。3つの基準については、自賠責保険基準や任意保険基準、弁護士基準があります。どの基準になるかは、加害者が加入する保険会社の提案によって、大きく変わることとなります。

大きな事例の場合においては、動く金額も多額になりますので、毅然とした態度で示談の交渉をすることです。万が一、そのようなことが難しい場合には、専門の機関や法律事務所に相談することです。また、弁護士に依頼することで、適正な慰謝料を受け取れる可能性が高くなってきます。

弁護士基準で交通事故慰謝料を算出すべし

交通事故に遭ってしまった際、あなたは保険会社の提示金に納得してはいませんか?その額は適切な金額ではない可能性が高いと言われています。ですがここで、弁護士に依頼すると、弁護士基準で慰謝料の計算を行ってくれます。

交通事故において過去の裁判所の判例を参考にして、慰謝料を算出するなど、多くの裁判所で運用されているものが弁護士基準です。自賠責保険や任意保険より高額な慰謝料が設定されることが多いと言われます。場合によっては、保険会社の提示金より数百万円の増額になることもあります。交通事故慰謝料に不満を持ったら、まずは弁護士に相談してみましょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準が一番高額

交通事故に巻き込まれると、怪我をしたり物損それに仕事ができず収入の減少といろいろな損害があります。そして忘れてならないのが、精神的な苦痛です。交通事故の被害者は、精神的に受けた苦痛に対する賠償金として慰謝料を請求することができます。

治療費や収入の損失などと比較し、交通事故慰謝料には難しい点があります。それは、実費や基礎収入で算定する治療費や休業補償と異なり精神的苦痛という特質上個人差が大きいことです。

そこで個人差による慰謝料額の格差を減らすため、交通事故慰謝料には計算基準が設けられています。計算基準は自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つがあり、弁護士基準の慰謝料が最も高額です。

むちうちで交通事故慰謝料が請求できるので病院で診察を

交通事故に遭って、そのときに何も症状が現れていなかったとしても、すぐに病院に行って診察を受ける必要があります。なぜならば、もし交通事故に遭った直後に病院で診察を受けずに後になって、むちうちの症状の症状が現れたとしても、その交通事故が物損事故として処理されてしまった後だと、交通事故慰謝料を請求できない可能性が高いからです。

もし、交通事故に会った直後に病院で診察を受けずに数日経ってから、むちうちの症状が現れてきたときには、すぐに警察に連絡を入れて、物損事故で処理されている交通事故を、人身事故として処理してもらえるように申請する必要があります。

交通事故慰謝料の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金や後遺障害などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料に関する記事

過払いのお勉強サイトでは、弁護士に相談したい過払い請求や債務整理の個人再生、交通事故慰謝料の交渉、遺産相続や遺言書作成、B型肝炎訴訟や受け取れるB型肝炎給付金についてなど、多くの情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。