過払いのお勉強

反省を今後に活かしたい個人再生

どこか自分のお金の扱いに問題があったために個人再生になってしまったという人はきっと多いのではないかと思います。もし、個人再生をしてしまったのであれば後戻りする事はできません。ですので、過去の事ばかり考えるのではなく、個人再生をした後の今後の事について考える様にしたいですね。

個人再生をできるだけ前向きに捉える様な努力をしたいですね。そして、個人再生になった背景にある自分の問題点をしっかりと受け止める様にしたいですね。

また収支のバランスを考えた上で生活できる様なプランは弁護士などが相談に乗ってくれる事もある様です。どうすればいいか分からない人は、相談してアドバイスをもらいたいですね。

個人再生の返済金額と目的

個人再生は現在は返済の能力があるが将来的に自己破産に陥ってしまう危険が有ると判断される場合に適用される債務整理の方法です。従って、全く借金が無くなる自己破産とは異なり、その債務の金額に応じて一部を返済する義務が生じます。

その金額は民事再生法によって規定されており、一般的に負債総額の5分の1程度を基準とすることが多くなっています。但し、最低でも100万円は返さなければいけない義務が生じるほか、その方法によっては財産を処分しなければならない義務が生じます。一般的に個人再生は住宅ローンを抱えている場合にその住宅を守る為に住宅ローン以外を整理するなどの方法で利用されます。

自己破産や任意整理でクレジットカードの債務整理をする

債務整理の幾つかある手続きの中でも自己破産の手続きを踏むと全国銀行個人信用情報センターが管理している個人情報には10年間、個人再生の手続きを踏むと10年間手続きをした事実が残ることになります。

クレジットカードを使いすぎて返済が苦しくなった債務を任意整理の手続きを行って債務を圧縮してもらうためには、手続きを始める前にクレジットカードの支払いを停止する必要があります。

しかし、銀行口座から引き落とされる形で支払っている場合は、任意整理の手続きは始めることを通知しても、引き落としが暫くの間は止まらないことがあるため、口座の残高を0円にして、引き落とされないようにしておくことが必要になります。

自己破産などの債務整理が個人情報に影響を与える

自己破産など債務整理の手続きを踏むと、今使っているクレジットカードも、利用できなくなることがあります。クレジットカードが利用できるかどうかの審査の基準となる個人情報を管理している信用情報機関には、JICCと呼ばれる株式会社日本信用情報機構と、株式会社シー・アイ・シー、KSCと呼ばれる全国銀行個人信用情報センターがあります。

JICCで管理している個人情報に自己破産の手続きは5年間、個人再生の手続きは5年間、任意整理の手続きは5年間債務整理の手続きを踏んだ事故情報として個人情報に残されることになります。

個人再生を通じて解決させる借金相談

弁護士や司法書士によって取り扱われている借金相談は、日頃、借金に悩みを持つ方によって持ち寄られている案件です。借金の返済が困難な程の多額債務や、複数の借入先から借金されている多重債務に陥ってしまっていることも多く、債務整理の手続きを行う事で問題の解決が目指されるケースも多く見受けられます。

裁判所からの判断によって借金額が減らされる事もある個人再生は、個人信用情報に影響が与えられることもありません。借金に関するストレスを軽減しながら、返済計画の見直しや、将来設計を立て直すことも可能になるはずです。

個人再生に関する記事