過払いのお勉強

交通事故の慰謝料は弁護士に交渉してもらうのがベスト

交通事故の被害者は、事故に遭ったことで受けた精神面の苦痛に対する賠償金として相手に慰謝料を請求することができます。精神面の苦痛に対して支払われるものなので個人的な差が大きく、事故によって大きく変わってしまう不公平感をなくすため算出基準が設定されています。

慰謝料の算出基準は3つあります。自賠責・任意保険・弁護士の基準で、この順番で高い金額で計算されるようになっています。実際に請求する賠償金の金額は交通事故の当事者双方が示談の話し合いで決めます。加害者側では保険会社の担当が交渉にあたり、自賠責基準で計算した安い賠償金を提示してくるのが普通です。これでは損してしまうので、交通事故に強い法律事務所に依頼して弁護士の基準で計算した賠償金額で交渉してもらうのがベストです。

交通事故慰謝料と過失相殺について

交通事故の際、被害者は加害者に対し治療費、入院雑費、休業損害並びに入通院慰謝料及び後遺障害慰謝料又は死亡慰謝料といった賠償金を請求します。この賠償金のうち入通院慰謝料及び後遺障害慰謝料又は死亡慰謝料のことを交通事故慰謝料と言います。

交通事故慰謝料を含む賠償金を算定する際には過失相殺の考えが採られており、被害者にも事故に対する過失があると判断される場合には、その過失の程度に応じて賠償金が減額されます。

過失相殺の算定については、事故の状況により客観的に行われます。なお、車同士の場合、動いている者同士であれば一方が危険な運転をしていたと思われる場合であっても、過失割合が100対0になることはほぼないと言われています。

交通事故慰謝料の事例を見てみましょう。

交通事故には一生のうちに一度もあわない人もいますし、何回かあってしまう人もいます。どんなに気を付けていたとしても道路を歩いていたり、自転車に乗っていたり、車に運転する人は誰で交通事故にあってもおかしくはありません。

交通事故慰謝料でどういった案件が一番トラブルは多いかご存じですか?一番トラブルに発展しやすいのが、後遺障害が残ってしまったような場合には見た目だけでは治ったか、治っていないかが判断できないため、保険会社とも、加害者とも治療費について問題になってしまうようです。事例としては1年ほど通院していた所固定症状に切り替えるから、今後治療費を支払うことはできないと言われてしまうケースです。

交通事故慰謝料の詳細内容について

交通事故慰謝料はある基準をもとにして、支払いが行われています。その基準には3つの基準があるとされていて、弁護士における基準や任意保険による基準、自賠責保険による基準などがあり、内容は異なりますので大きな事例になってくると、金額は大きく変動してしまうことが分かっています。

しかしながら、加害者側と被害者側にそれぞれの思惑があり、示談交渉の場合にあっさりと了承してしまうと、安い基準での採用になってしまう可能性があります。そのような事態を避けるためには、専門の機関の助言や弁護士を雇うことをお勧めします。

過去の事例を基準に交通事故慰謝料を請求する

より大きな金銭を保険会社から請求したいときには、過去の事例を参考に交通事故慰謝料を計算することが大切です。過去の事例というのは、裁判によって決定された基準でもありますので、この基準は弁護士基準とも呼ばれます。

本来、法律的な争いが生じたときにはそれぞれの案件で個別具体的に相場を計算するのではなく、過去の判例を参考にすることが普通です。個別具体的に判断していると、事故の処理や金銭面での手続きに長い時間がかかってしまい、効率的ではないからです。判例を参考にすると自己当事者同士の不公平さもなくなるので、この方法が最も公正に判断できます。

交通事故慰謝料と事例と

交通事故に遭った場合、交通事故慰謝料の事例に目を通しておく事がおすすめです。事故の被害者であれば、しっかりとした慰謝料を受け取る事が出来るというイメージを持つ人は少なくありませんが、保険会社が提示する慰謝料はとても少ない可能性の方が高くなります。

ただ、交渉のプロの弁護士に相談をすれば、そこから納得のできる慰謝料に変えていく事が出来る可能性が高くなります。しっかりとした慰謝料を貰っておかなければ、後遺症等が出た時に泣き寝入りをする事になります。ですから、交通事故に遭ったら、弁護士に相談をしておく事が大切です。

交通事故慰謝料に関する記事