過払いのお勉強

増額される事もある交通事故での慰謝料

もうこれ以上どうする事もできないのかな、交通事故慰謝料、損害賠償において諦める必要はありません。法律家に交通事故について詳しく説明し、それでも増額できる見込みがあれば、粘り強く交渉できる事もあります。

交通事故での慰謝料は結果として増額される事もあります。交通事故の被害者は慰謝料が増額されると、納得できる事もあると思います。交通事故の加害者は、保険に加入していると慰謝料は保険会社が支払いを行ってくれます。

法的に判断して慰謝料があまりにも安いと思われるのであれば、交渉してみるといいかもしれませんね。状況により異なりますが、もしかしたら思っているよりも増額できるかもしれません。

後遺障害による交通事故慰謝料の請求について

交通事故によりケガをして、治療したけれども回復できず残った障害を後遺症と言います。後遺症の中でも、事故の発生から6カ月が経過したあとでも症状が治る見込みがない場合であり、医師が「症状固定」と診断し、自賠責機関に申請して、等級を認定されたものを特に後遺障害といいます。

後遺障害の等級が認定された場合には、等級に応じて交通事故慰謝料を別途請求することができます。等級が異なると交通事故慰謝料の金額が異なりますから、事故の相手方の保険会社に任せてはいけません。金額が大きくなることもあるので、口実事故の処理が得意な弁護士に相談して手続を進めましょう。

交通事故で通院したときは交通事故慰謝料はでるの

自分は安全運転していても、相手の車から衝突されることも良くあります。自分が停車している場合に衝突された場合には、全面的に衝突した方が悪い場合が多いです。体に不調があれば、整形外科などに通院することなります。

自分が加入している自動車保険や相手側の保険から、加入条件にもよりますが、治療費や搭乗者保険、交通事故慰謝料みたいなものを受け取ることができます。事故当時は、なんともないと思っていても、後から調子が悪くなることもありますので、少しでも違和感があるようであれば、きちんと医師の診察を受けてみましょう。交通事故慰謝料の不正受給はしてはいけません。

交通事故慰謝料を受け取りましょう

交通事故慰謝料を受け取りたい時には、大手の保険会社のスタッフに相談を持ち掛けることにより、様々なケースに迅速に対応をすることが可能となります。現在のところ、高額な交通事故慰謝料が発生するケースについて、各地の保険会社の公式サイトやカタログなどに掲載されることがあるため、空き時間を利用しながら、常に正し情報をキャッチすることがとてもおすすめです。

また、実際に交通事故慰謝料を受け取るためには、様々な手続きが必要となることがありますが、いざという時に備えて、経験者の体験談に目を通しておくことが大事です。

交通事故慰謝料と休業補償の仕組みについて

交通事故慰謝料の計算をするにあたり、休業補償の具体的な内容をチェックすることが欠かせません。

今では大手の保険会社の選び方にこだわりのある人が増えてきているようで、様々なケースに対応をするにあたり、補償内容にこだわることがポイントとして挙げられます。もしも、交通事故慰謝料の対応方法について迷っていることがある場合には、色々な立場の人から助言を受けることが良いでしょう。

交通事故慰謝料の仕組みを理解するうえで、プロのスタッフと相談をすることにより、落ち着いて行動をすることができます。

過去にも事故の被害にあった人の交通事故慰謝料の事例

パートで働いている主婦のDさんは、パートへの通院途中に事故にあってしまいました。怪我はそこまでひどくなかったのですが手のしびれが残ってしまったためパートはしばらく休業することになりました。

交通事故慰謝料を請求する際に弁護士に相談をし、まずは後遺障害等級の認定を受けようとした所、こちらは既に過去事故にあってしまっていることから、今回の事故だけが原因とは考えられないと却下されてしまいました。

しかし弁護士は諦めず治療内容が記載されている資料を細かく集めて主婦業とパート両方の賠償金を請求することに成功しました。こういった事例では弁護士の方がどのようにして交渉するのかが非常に大事になってきます。

弁護士基準で交通事故慰謝料を請求しよう

交通事故慰謝料には、3つの基準があり、弁護士基準が一番高く設定されています。それは、過去の裁判所の事例を元に、交通事故慰謝料を計算するからです。事故に遭われてしまい、保険会社が提示してきた慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に依頼をして弁護士基準での、慰謝料を請求するようにしてください。

場合によっては、2倍以上になることもあります。しかし一般の人が保険会社に対し、弁護士基準での請求をしようとしても、全く効果がなく引き上げられることはありませんので、弁護士に依頼をして引き上げてもらうようにしてください。

交通事故慰謝料(後遺慰謝料)の弁護士基準について

交通事故慰謝料には実は様々な種類があり、怪我の重さや症状によって請求する保険の種類が異なってきます。大きな金額になりがちなのが後遺慰謝料と呼ばれるもので、こちらは事故でおった怪我が一生治ることなく付き合っていかなければならないような状況になってしまった際に適用されます。

弁護士基準は認定された等級にもよって大きくことなってきますが、14級の場合は110万円、1級の場合は2800万円が相場と言われています。本来通常通り働き続けていればもらえたはずの給料分の額ですのでかなり大きな金額になります。また身体的なものだけでなく、精神的な障害をおった場合にも適用されることがあります。

交通事故慰謝料の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金や後遺障害などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料に関する記事

過払いのお勉強サイトでは、弁護士に相談したい過払い請求や債務整理の個人再生、交通事故慰謝料の交渉、遺産相続や遺言書作成、B型肝炎訴訟や受け取れるB型肝炎給付金についてなど、多くの情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。