過払いのお勉強

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼して慰謝料で損をしない

交通事故の被害者は、精神的な苦痛に対する賠償金として慰謝料を相手方に請求することができます。示談交渉の場では相手方の保険会社担当が交渉にあたりますが、提示される賠償金額は自賠責基準で計算された安い内容です。

被害者が自分で示談交渉にあたると、知識がないこともあってそのまま応じてしまいがちですが、交通事故の慰謝料は弁護士基準で計算すれば大幅に上がります。

そのため、交通事故の被害者は弁護士の先生に相談して示談交渉の代行とバックアップを依頼するのが一番です。被害者の立場で、正当な損のない慰謝料を請求してもらえます。

交通事故相談を24時間受け付けてくれる

交通事故を起こしたとき、自分一人では対応しきれないことが多いですよね。そんなとき交通事故相談ができる保険に入っていれば安心です。会社によっては24時間交通事故相談を受け付けているところもあるので、もしも不安だったらそういったところに入るようにしましょう。

きちんと確かめておかないと、自分の入った保険の窓口が営業時間中しか開いていないものだったら困ってしまいます。保険を選ぶときには安さだけではなく、安心できるかどうかを確かめておく必要があります。24時間対応してくれるところであれば、いざというときに助かりますよね。

家事従事者の交通事故慰謝料の相場とは

交通事故慰謝料の計算をするにあたり、家事従事者の生活のスタイルや年収などをきちんと理解することがおすすめです。

最近では、交通事故慰謝料に関するトラブルの発生件数が全国的に増えてきており、いざという時に備えて、プロの弁護士などに相談を依頼することが良いでしょう。

また、最新の交通事故慰謝料の相場に関しては、素人にとってすぐに理解をすることが難しいことが知られています。そこで、大手の法律事務所の公式サイトなどに目を通しておくことによって、優秀なスタッフからアドバイスを受けることが成功の秘訣として挙げられます。

交通事故慰謝料の事例について

交通事故が起こってしまった場合には、被害者側が何らかの被害にあってしまうことは、おおいに考えられます。そのような場合に、きちんと対応できるかどうかで、交通事故慰謝料の金額が大きく変動してきます。

交通事故の慰謝料の基準については、知らない人が想像以上に多くあり、知らなかったために最小限の支払い金額で、示談が成立してしまったケースは数多くあります。同じ事例においても支払割れる慰謝料金額は、大きく変動しますので、交通事故慰謝料における相場や基準については、しっかりと知っておくことが重要になってきます。

弁護士基準が適用される 交通事故慰謝料 とは

弁護士基準が適用されるものには、後遺障害慰謝料や入通院慰謝料があげられます。入通院慰謝料も保険会社では独自の基準で提示してきますので、とても低いものになってきます。後遺障害慰謝料も同じです。

弁護士基準なら2倍から5倍大きなものですから、示談の話がきたら交通事故専門弁護士へ確認するのが良いでしょう。多くの場合、交通事故慰謝料については普段関わることがないため、知識など持ち合わせていないものです。

そのため、相手の保険会社の言う通り納得させられるケースが多いのです。弁護士への相談はフリーダイヤルで、無料相談行っているところもあります。後々後悔しないように、示談する前に相談してみましょう。

交通事故慰謝料における弁護士基準の慰謝料について

弁護士基準は、裁判所基準とも呼ばれていて、裁判所の考えだったり、これまでの判例などを参考にして、東京三弁護士会における交通事故処理の委員会が公表しているものになり、裁判の実務上においても、慰謝料金額の基準として採用されているものになります。

このように3つの基準によって、交通事故慰謝料の金額は設定されていますので、どの基準が採用されるかによって慰謝料の金額は大きく左右されます。交通事故におけるトラブルは専門の知識が必要とされますので、交通事故を専門にしている弁護士を依頼することによって、受け取れる慰謝料の金額をあげることが可能と言われています。

交通事故慰謝料に関する記事