過払いのお勉強

過払い金返還請求?

借金が多すぎて返済が出来なくなってしまったという人も多いようです。

昔はそうった借金が膨らみすぎた場合は自己破産などをするしかありませんでしたが、最近は債務整理を行うことで、借金の支払いを圧縮することにより返済する方法があります。

債務整理には任意整理という方法があり、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼し、金融機関と交渉して利息制限法を越えた部分の利息を減らしてもらうことが出来ます。

この方法は利息制限法以上で出資法未満の利息部分は支払わなくて良いという事を利用した方法であり、金融機関などを相手にするのでその道のプロである法律事務所に依頼することが確実だといえるでしょう。

また、長い期間借入金の返済を行ってきたという人の中には、利息制限法を超えた支払いが長期にわたっているために過払い金が発生していることもあります。そういった場合には、交渉によって今ある借金が無くなるだけではなく払いすぎていたお金が戻ってくることもあります。

法律事務所では、初回無料相談をしてくれるところも多いので一人で悩むよりは一度相談したほうが良いでしょう。

また、報酬についても成功報酬としているところが多いので手持ちのお金が無くても利用が出来るでしょう。

過払いが発生しているかの調査は弁護士

過払いが発生しているのか気になる方は、弁護士に調査してもらうと良いです。取引記録の取り寄せから再計算まですべて行ってもらうことができるため、過払い金の返還請求をする上で非常に楽です。

しかも、弁護士の中には着手金が無料で行ってくれる方もいます。その訳は、成功報酬として確実に返還されたお金から支払いを求めることができるからです。過払い金についての判例は固まっているため、条件を満たしていれば確実に帰ってきます。そして、借金が残っている方もゼロになるため、債務整理をする必要もありません。弁護士は、それらの処理を円滑に行ってくれるため、利用するのが確実です。

過払いは違法な利率での返済金が戻る

過払いは、違法な利率での支払いをした分のお金が戻ってくるものです。

かつてはグレーゾーン金利により支払いが行われていましたが、それは無効であると判例が固まったため、法的の上限金利に引き直して再計算し、払いすぎた分は業者の不当利得として過払い請求をすることが可能です。

借金の返済が困難な場合の選択肢として債務整理などがありますが、過払いが発生してればそれをする必要もなくなります。個人で計算をするのは面倒ですし、請求をする場合もノウハウのあるプロに任せた方が確実です。そのため、まずは弁護士に相談するのが適切です。

過払い金が帰ってこないケース

過払い金は、利息制限法の上限金利を超えて支払っていた方に適用されます。かつて、消費者記入では、グレーゾーン金利でお金を貸すのが一般的でしたので、当時から契約をしている方もしくは、当時利用していた方は過払い金が発生しています。

そのため、請求すれば返ってくるケースです。しかし、グレーゾーン金利が廃止された後や、すでに時効が成立している場合は返ってきません。素人にはなかなか判断できるものではないでしょうから、大阪や神戸で過払い金について知りたい方は、地元の弁護士事務所、司法書士事務所を頼ると良いでしょう。

過払い請求を弁護士依頼するメリット

メリットは数多く有ります。過払い金の返還を貸金業者に返還して貰う方法はいくつか有りますが大きく分けて3つ有ります。貸金業者と過払い金に関してお互い譲歩して返還して貰う方法、貸金業者が任意に返還してくれる方法、裁判で返還してくれる方法等があります。

任意で返還してくれる事は多くはないので、貸金業者と過払い問題について和解か裁判で解決する方法が解決方法として少なくないです。和解でも裁判でもお金が必要になりますが、和解の方が比較的お金も安くすみます。和解は交渉力が大切です。過払い請求問題の交渉力は弁護士が優れていますので専門家に委任すると迅速にスムーズに和解が成立しやすくなります。

過払い請求の代行は弁護士へ

過去に、消費者金融などの業者から高い金利でお金を借りたことがある場合、払いすぎた利息を取り戻すことができるかもしれません。利息制限法で規定する上限金利を超える違法な金利で貸し付けた場合、上限金利を超える分については、過払い金と認定され、業者は返還請求があれば返還を行う義務があるのです。

この過払い請求は個人で行うこともできますが、このような請求手続に不慣れな場合には専門家に頼むのがよいでしょう。弁護士と司法書士が請求手続を代行することができます。ただし、司法書士の場合は請求代行できる金額に上限がありますので、金額が大きい場合には弁護士に頼むのがよいでしょう。

過払い請求の依頼は金銭関連に強い弁護士へ

弁護士は法のエキスパートといわれています。ですから刑事関連でも、民事関連であっても、様々なトラブルに幅広く対応してもらうことができます。またそれぞれ得意分野がありますので、自分が抱えているトラブルに合った事務所を選ぶようにしましょう。

たとえば交通事故が専門であるのに、過払い請求の話を持って行っても、うまく行かないことがあります。こういう時は、債務整理や金銭トラブルに強い事務所に依頼するようにしましょう。また知人に弁護士がいない場合は、法テラスの無料相談を利用すれば、紹介してもらえますし、場合によっては費用を立て替えてもらえます。

過払い請求には弁護士に頼るのがベスト

過払い請求は簡単な請求ではありません。法的なものなので一度請求をしてしまうと間違っていましたのでもう一回貸金業者に請求する事が許されると言うものではありません。

当該請求には、過払い金が発生する仕組み・過払い金請求できる期間・取引履歴の開示請求権・過払い金の問題の法的利息である15-20パーセントに引き直す知識・過払い金合意書の作成方法・その他の法的知識等知らなくてはいけない事が多岐に渡ります。この様な煩雑で複雑な事は全部弁護士に委任できます。弁護士は多岐に渡る法的知識を根拠として貸金業者と交渉してくれるので最善の結果をもたらしてくれます。

過払い金請求に関する記事