過払いのお勉強

過払い請求には騙しも在るので注意が必要

過払い請求は過剰利息と言われている本来支払う必要が無い利息を取り戻すことを意味しています。一般的に過払い請求は弁護士などの法律の専門家に依頼をすることで取り戻すことが出来ますが、悪質な弁護士などが実在しているため、過払いの騙しとも言える詐欺行為を働くケースも在るので注意が必要です。

弁護士による詐欺行為として報告されたものには、実際に返還されたものよりも少ないと言うケース、無料相談を利用しただけなのに、過払い請求が勝手に行われて、過払い金が着服されたケースなどが在ると言われており、相談をする時などにも注意が必要です。

過払い金をすると資産運用ができなくなる?

債務整理のひとつになるのが過払い金請求です。よって勘違いをする人も多いです。請求をすることで資産運用をしている不動産が取られてしまうかもという懸念のために、発生している過払い金を取り戻そうとしない人もいます。資産運用をしている不動産などが取られるのは、自己破産に限りますので、安心してください。

過払い金請求は支払い過ぎた金利を取り戻すことができる制度です。法律事務所に依頼をすることになりますので、その費用は掛かりますが、ほとんどデメリットが発生しない比較的気軽に行うことができる債務整理になることを知っておきましょう。

連帯保証人に迷惑をかける前に任意整理して過払い請求

事業のためや、独立して仕事をするために、連帯保証人を立てて借り入れをしている方もいらっしゃいます。しかし、資金繰りがうまくいかなくなってしまうことも当然あります。

銀行であれば、相談にのってくれることもあるかもしれませんが、街の金融機関では、そうはいきません。当然、担保もしていないので、連帯保証人のところへ取り立てに行くことになります。そうなる前に、過払い金や借入金が得意な弁護士に相談して、任意整理の手続きを進めてみませんか。

任意整理であれば、住宅も取られることが無いかもしれません。その後、過払い金が無いか調べてもらいましょう。

過払い金診断に個人情報は必要?

大阪や神戸で無料の過払い金診断を利用する時には、個人情報を入力する必要はないことが多いようです。過払い金があるかどうかを診断する時に必要となる情報としては、借入金額と借入期間です。いずれも正確な金額や期間は必要なく、おおよその金額や期間で十分であるようです。

これらの診断結果については、必ずしも正確であるとは限りませんので、実際に過払い金が発生しているかどうかについては、法律の専門家に相談するようにしましょう。 なお、手続きについては時効が設定されていますので、時効を迎える前に手続きを行う必要があります。

司法書士の過払い請求は限定的

過払いを回収すれば、多くの人が払いすぎたお金を取り戻せます。多くの金額を回収できれば、これまでの苦労から開放されるはずです。それには弁護士や司法書士に依頼を出します。

弁護士は、とにかく大きな金額でも回収可能になっていますが、司法書士は限定的な回収に限られます。また限定的だからこそ、多くの金額を回収できるわけでもありません。

多くの場合、交渉によって出せる範囲を決められ、その範囲で問題がなければ和解する形です。一部裁判になると不利になる可能性も出てきますので、和解による交渉であれば、利用しても大丈夫です。

過払い金請求を司法書士に依頼すると

過払い金を取り戻す場合、自分で請求することもできますが、司法書士や弁護士に依頼することも可能です。司法書士に依頼した場合のメリットとして、もしも借金があり取り立てが行われている状況ならば、業者へと受任通知を送付することで業者は債務者に対しての取り立てが不可能になります。

さらに、業者の対応も異なり、個人の場合はスムーズに交渉してもらえない可能性がありますが、専門家に頼めば業者もきちんとした対応をせざるを得ません。過払い金の請求には法的書類を用意したり、場合によっては裁判所に出向くなどの手間がかかりますが、それらをすべて任せることができます。

多重債務者の過払い請求

過払い請求は多重債務者などが貸金業者に対して支払う必要がなかった利息を余分に払っていた場合に返還を求める手続です。利息制限法では1割5分から2割まで融資額に応じて金利を定めることができます。

一方現在の出資法では2割が上限とされ、資金業者がそれ以上の金利で融資を行うと刑事罰が科せられます。また利息制限法と出資法の間の金利で融資を行うと貸金業法により行政処分の対象となります。

かつては2割9分2厘が出資法の上限だったために利息制限法との間に開きが存在しました。義務なく払い過ぎた利息を元本に充当した場合に、超過する部分があれば返還請求ができます。

大阪で過払い請求は過払い請求の基礎知識

過払い金請求に関する記事