過払いのお勉強

請求方法

過払い請求はそれなりの専門知識があれば自分ですることも可能です。

しかし弁護士や司法書士などの専門家に依頼する事ができます。
その請求方法は、債権者(消費者金融等)から支払いの履歴を取得し、利息を計算し直すところから始まります。

請求方法は、示談による場合と裁判所での訴訟提起による場合があります。

本人の意向や過払い金の額、急ぎかどうか等の事情によりどちらにするかが分かれますが、やはり訴訟のほうが確実に手続きが進んでいくというのが実際のところです。

最近では示談に素直に応じる業者も増えてきましたが、やはり抵抗する業者もまだまだ多いというのが本音です。思わぬトラブルに巻き込まれることもありますので弁護士などの専門家に依頼するのが一番確実かもしれません。

過払い請求の手続きを開始すると督促が止む

借金の返済が滞った時には激しい取り立てに悩まされることがあります。督促が届くだけで強いストレスを感じてしまいますが、債務整理・過払い請求の手続きを開始すると督促が止みます。

過払い請求で利息制限法で定められた範囲よりも多く請求されていた場合には、その超えた分を残っている借金の元本と相殺することができますし、万が一返還される額の方が多くなれば借金を全て清算して残りは返ってきます。過払い請求を自分で行わずに弁護士などに依頼する場合、取り立てなどが止むのは受任通知が債権者に対して送付されてからになります。

過払い請求をすることで自動車がなくなる?

債務整理のひとつになるのが過払い請求になりますので、もしかしたら自動車がなくなってしまうかもと想像している人もいるかもしれません。しかしそのようなことはありませんので、安心して過払い金請求を行ってください。

そこまで大きな債務整理にならず、自分に不利になるようなことが少ないのが過払い金請求の良い点です。もしデメリットがあるとするなら、法律事務所に依頼するときに取られる着手金などが掛かることです。

自動車を取られるようなケースは自己破産をしたときに限りますので、あまり心配しないで気軽に相談ができる措置になります。

過払い金のスピード診断について

過払い金のスピード診断とは、速いスピードで過払いが発生しているかどうかを診断してもらえることを表しています。これは、借金問題を扱っている法律事務所に行けばしてもらうことができます。

もちろん、詳細な情報は実際に利用履歴を開示しないとわかりませんが、大まかな取引状況だけでも判断することは可能です。現在では専用に計算できる計算ソフトが用意されているので、それに必要事項を入力すればすぐに判断できます。 大阪や神戸でも、過払いを扱う法律事務所ならば取り扱ってくれるため、借金問題に悩む方の利用はおすすめできます。

借金相談の中で発覚する過払い

弁護士や司法書士などへの借金相談によって、返済計画や将来設計の見直し、債務整理などと共に注意すべき事に過払いの問題が挙げられます。長期に渡って借金返済を行ってきた方の場合、利息分として支払いすぎているお金の存在があるケースも多く見受けられます。

借入先への請求を行う事でお金を取り戻す事が出来、金額によっては借金そのものの問題さえも解決の見通しが立つこともあります。個人的にも手続きが不可能ではないものの、直接的な金融会社とのやり取りは、なかなか速やかに対処してもらえない場合もあるため、法律専門家の存在を頼りたいものです。

借金相談と共に行える過払い相談

多額の債務を抱える方が弁護士や司法書士などへ借金相談を行うことによって、問題を解決させられることもあります。完全な返済が困難な状況に陥っている場合においては、借入先である金融会社への交渉を行う任意整理や、裁判所からの判断を受ける民事再生、さらに裁判所へ申告することで借金が帳消しとなる自己破産など、あらゆる対策が考えられます。

借金に対する悩みやストレスを少しでも軽減させるために、法律専門家からのアドバイスを基に対策を立てたいものです。また過払いについての相談も事務所によっては無料で行っているケースもあり、気軽に利用できます。

過払い金請求に関する記事