過払いのお勉強

交通事故慰謝料も弁護士も必要ない交通事故

自動車を運転していて交差点に進入、その時急に前方の車が左折しようとするときってありますよね。もっと早くウインカーを出してくれればと思っても、間に合わず、追突すればこちらの責任になります。

もちろん過失相殺の余地はありますが、かなりの部分の損害額を賠償しなければなりません。ただしきちんと任意保険にさえ加入していれば、問題ありません。任意保険の担当者が、事故対応をすべて行ってくれるからです。

弁護士の心配も交通事故慰謝料の心配もしなくて大丈夫なのです。自動車を運転する一人としては、あまり考えられないのですが、もしも任意保険に加入していないドライバーがまだいらっしゃったら、ぜひ必ず加入してほしいと思います。交通事故は、本人がどれだけ注意していても、巻き込まれる可能性があるのですから。

加害者が支払う交通事故慰謝料の相場

加害者が支払うことになる交通事故慰謝料の金額については、素人がすぐに判断をすることが難しいことが分かっています。そこで、定期的に専門性の高い弁護士からアドバイスを受けることで、様々なリスクを未然に防ぐことが可能となります。

現在のところ、交通事故慰謝料の計算の仕方について興味を示している人が増えていますが、大手の法律事務所のスタッフに相談を持ち掛けることで、何時でも安心して行動をすることができます。その他、おおよその交通事故慰謝料の相場をチェックすることによって、将来的なトラブルを回避することがとても大事です。

交通事故慰謝料の過剰請求のリスク

交通事故慰謝料の過剰請求をすることによって、法的な責任を追及されることがあるため、常日ごろから正しい手続きの取り方をマスターすることが良いでしょう。

大手の保険会社においては、交通事故慰謝料の請求の仕方について、分かりやすく説明が行われることがあるため、いざという時に備えて、便利な情報をキャッチすることが望ましいといえます。

交通事故慰謝料のシステムを理解するためには、長い時間がかかることがありますが、将来的なリスクを避けるために、同じような立場の人からアドバイスを受けることが成功のポイントとなります。

交通事故慰謝料を等級認定で受けることができた事例

会社員のBさんは、会社帰りに車と衝突をして、足や腕を骨折してしまいました。折れ方が悪く、1年以上通院が続きましたがそれでも完治しませんでした。そんな折、保険会社から「固定症状として認定する」と連絡が入ったそうです。

固定症状になると交通事故慰謝料の支払いが止まってしまうと聞いたことがあったBさんはすぐに弁護士に相談して、後遺障害等級の認定をもらいたいと思っている旨を相談しました。こちらの事例において弁護士の方は認定を受けるために必要な書類のアドバイスを親身になって行ってくれ、無事Bさんは等級を受けることができたそうです。

交通事故慰謝料を求める際に個人が弁護士基準を使える?

交通事故慰謝料を求める際にそれだったら、自分で弁護士基準を持ちだして保険会社と交渉すれば弁護士に依頼する費用も抑えられるし、請求額も増えるし一石二鳥と思われるかもしれませんが、実際に個人が弁護士基準を使って交渉することは非常に難しいです。

なぜかというと相手がその道を専門に勉強してきた人であるということと、交渉にはかなりハイレベルな専門知識が必要なことです。また保険会社がまともに相手をしてくれない可能性もあります。交渉が上手くいかずに、こじれてしまう前に専門家の人にお任せすることをオススメします。

交通事故慰謝料を請求する際に素人でも弁護士基準を使える?

交通事故慰謝料請求中に、むちうちの後遺障害の慰謝料が思っていたよりも低い金額しか任意保険では認められなかった場合に、役に立つのが弁護士基準と呼ばれるものですが、こちらは素人でも交渉手段として使用できるようなものなのでしょうか?

実は弁護士基準自体は誰でも交渉手段として使用することはできます。しかしそれを上手に交渉に使えるかどうかはそのケースについていかに詳しいかという所に関係してきます。

相手も交通事故を何件も担当しているプロです。自分が思った通りに交渉することは素人では非常に厳しいでしょう。お金は余分にかかってしまいますが専門家に任せた方がスムーズです。

交通事故慰謝料に関する記事