過払いのお勉強

弁護士への相談が有効的な遺言書作成

資産を持つ方にとって、大きな課題の一つとして挙げられる事柄に遺言書作成があります。遺産の内容や、引き継ぎたい相手を特定したい場合などにおいて、死後の意思表示として有効活用される唯一の手段としても認識されています。

遺言書は正しく作成されていない場合は内容が無効になることもあって、法律通りの知識や正しい情報が必要になる重要なものです。弁護士への相談によって効率良く作成作業が進められる他、状況や記載内容によっては、公証人や公証役場の介入も必要とされることがあります。残される家族などのためにも、問題なく済ませておきたいものです。

弁護士に受け付けられる遺言書作成の相談

資産を所有している方にとって、遺言書作成を正しく進める事は重要な課題でもあります。亡くなった後、残された家族の間で発生する遺産相続には、遺言書の有無が大きく関係します。正しく作成されていない遺言書に関しては無効となってしまうケースもあり、法律や手順に沿った作成が重要でもあります。

どのような作成方法を進めれば良いか分からない場合など、弁護士への相談が行われることもあります。情報や知識が取り入れられるだけでなく、記載内容等によっては公証人や公証役場の介入も必要とされるため、慎重に対処したい事柄でもあります。

弁護士と共に進められる遺言書作成

資産を所有している人にとって、遺言書作成を行うことについては、生前に済ませておきたい大きな課題のようなものでもあります。資産の引き渡し相手や引き渡し内容指定を加えたい場合など、死後に置ける唯一の意思表示として認識されており、正しく作成が行われていることによって有効的になります。

法律に沿った作成方法を進めることが必要であり、弁護士への相談によって作成が進められることもあります。また、記載内容や状況によっては、公証人や公証役場による介入が必要とされるケースもあり、正しい情報を取り入れることが重要でもあります。

遺言書作成を弁護士に依頼するとどれくらいで作成できるの?

遺言書作成を弁護士にお願いする時には、一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか?まず何回か面談をする必要があります。第一回の面談では家族構成やどのような財産を持っているのかについて詳しい話を聞いていきます。

第二回目の面談ではそれに基づいた資料を作成して、財産目録や、相関図などの作成をおこなったものを提出してくれます。またこの時に原案ができている可能性もありますので、それができていればそちらを確認します。第三回目で納得がいくようであれば、その後の契約について話し合いをして、支払いをして完了となります。スムーズにいけば1か月程度で終わります。

遺言書作成依頼を弁護士にしたら保管もしてくれるの?

遺言書作成を弁護士依頼できるのは知っているが、結局その遺言書はどこで保管しておくのがいいのかが疑問ではないでしょうか?もし自分で保管しておくことを望んでいるのであればそのまま自分で臨むことも可能です。しかしこの場合自分が亡くなってしまった後に、遺言書があることに気づいてもらえない可能性があります。

そういった点からも考えるとできれば、そのまま法律事務所で保管をしておいてもらうことをお勧めします。保管自体は年間5000円から6000円程度です。自分が亡くなる前の間仮に10年間あったとしても年5000円なら支払い続けることがそんなの困難でもないのではないでしょうか?

遺留分を考えた遺言書作成、遺産分割協議の相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成に関する記事

過払いのお勉強サイトでは、弁護士に相談したい過払い請求や債務整理の個人再生、交通事故慰謝料の交渉、遺産相続や遺言書作成、B型肝炎訴訟や受け取れるB型肝炎給付金についてなど、多くの情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。